今すぐ問い合わせる
Brightcove

動画をマーケティングに活用するのが "当たり前になる時代の"

​失敗しない 動画マーケティング

なぜ今、動画マーケティングなのか

インターネットでの動画視聴は、今や一般的になりました。ニールセンの調査では、 インターネットユーザーの 82% が「無料動画を利用している」と回答しています。(2015 年 10 月時点) 以前は動画といえば YouTube でしたが、今では Facebook や Twitter などの ソーシャルメディアでも動画をよく見かけます。そしてブライトコーブのような 企業向け動画配信クラウドサービスも、マーケティングを支援するために進化を続けています。 動画制作が以前より手軽にできるようになったことからも、 企業による動画マーケティングは、今後さらに広がっていくと考えられます。

  • PR

    企業または製品のブランディング

  • プロダクトマーケティング

    製品の販売促進やキャンペーンにおける CTA (Call-to-Action:行動喚起)の向上

  • リード​ジェネレーション

    B2B および検討型の B2C 事業(自動車、不動産、金融など)の見込み客獲得や管理

  • eコマース

    商品売上の向上

“今後、動画マーケティングを始めるかもしれない” という方へ動画マーケティングの検討に役立つ情報をお届けします。

メルマガに登録

“はじめて”で陥りやすい動画マーケティングの

ブライトコーブはお客様と接する中で、動画マーケティングを始めたばかりの企業が陥りがちな“罠”があることに気づきました。

消費財メーカー A 社のケース

A 社では定期的にテレビ CM を出稿しているが、上層部から「うちは動画はやらないのか?」と言われ、関係各部で検討することになった。 検討の結果、「まずは今ある CM 素材を使って動画を配信してみよう」ということになり、YouTube 公式チャンネルと自社サイト上で動画を配信。 再生数等の基礎指標をモニターしているものの、結局それがどのような成果につながっているのかがわからない。

このケースの問題点は、動画マーケティングの目的、もしくは期待する効果が 何も設定されていないことです。まずはトライして、結果から学ぶことは重要では ありますが、何を目的とするかが定まっていなければ、効果も測れません。 このようなケースは、実は多くの企業で見受けられます。

重要なのは、
動画マーケティングの目的

では、動画マーケティングの目的はどのように設定したらよいのでしょうか?
一つの方法として、ターゲット層の段階(ステージ)別に考える方法をご紹介します。

Awareness

ブランドや商品の存在をしってもらい、興味をもってもらう。

手法
  • 動画広告出稿​
    • ソーシャルメディア、動画配信サイト、インバナー
効果測定
  • ブランド認知度
  • 広告想起率
Search

ブランドの商品や検索する人に、商品の特徴などを伝え、より関心を持ってもらう。

手法
  • 自社サイトでの動画配信
効果測定
  • 製品高感度
  • 理解促進度
Action

商品の利用を検討し始めた人に、商品のメリットや他社の成功事例を伝え、メルマガ登録などへ進んでもらう。EC を行うサイトであれば、商品を購入してもらう。

手法
  • 自社サイトやサービスサイトでの動画配信
  • メールでの動画活用
効果測定
  • コンバージョン率
    • メルマガ登録率、購入率など
  • ROI※投資利益率
    • 動画導入コストに対しての動画導入前後での売上変化

A 社のケースを、3 つのステージごとに当てはめてみましょう。 Awareness の段階では、TVCM 出稿と同様に、認知を広げることが目的です。 ところが、TV さえついていれば見てもらえる CM と異なり、 ウェブ上の動画は、ただ載せるだけでは動画の視聴を大きく伸ばすことはできません。 次に Search の段階では、検索ユーザーは情報を求めているため、より詳細な情報を 提供することが重要です。しかし TVCM のために制作されたブランド認知用の動画には、 おそらくユーザーが欲しい情報は含まれていないでしょう。 Action の段階でも、やはり TVCM 動画の内容とユーザーのアクションには大きな隔たりがあります。 つまり、目的が定まっていなければ、適切な運用ができず、動画マーケティングの効果を十分に得られないのです。 動画マーケティングを始める前には、必ず「目的」を設定しましょう!


“今後、動画マーケティングを始めるかもしれない” という方へ 動画マーケティングの検討に役立つ情報をお届けします。

メルマガに登録

動画マーケティングに必要なもの

動画マーケティングには、一連のツールが必要になります。
ユーザーの様々なデバイスや通信環境に合うように複数の配信用ファイルを生成したり、
再生数や完全視聴率などのパフォーマンス分析などを行う機能が必要となります。
自社で構築するには開発・運用のリソースが必要なため、オールインワン型のソリューションをお勧めします。

2 分でわかる!オールインワン型ソリューション

顧客事例

ブライトコーブを活用するお客様に、
動画マーケティングの活用事例をお話しいただきました。

詳しい資料

もっと詳しく知りたい方のために、
メールマガジン等で提供している資料の一部をご紹介します。


“今後、動画マーケティングを始めるかもしれない” という方へ 動画マーケティングの検討に役立つ情報をお届けします。

メルマガに登録

世界中の実績とナレッジを持った動画配信のスペシャリストが お客様の課題のご相談をさせていただきます。 お気軽にお問合わせ下さい。

営業に問い合わせ